赤酒の飲み方・料理での使い方を完全解説【板前の料理論】

料理

こんにちは、しょーです。

この記事では
「赤酒って、どう使えばいいんだろう?料理に使えるらしいけど、向いてる料理とかあるのかな?飲み方も聞いてみたいな」

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いてるボクは、板前歴10年の料理好きです。

実家が熊本でして、たまに赤酒が送られてきます(⌒▽⌒)

今回は赤酒の使い方を、料理初心者でも分かるように解説します。

さっそく見ていきましょう!

赤酒ってなんですか?

赤酒をざっくり説明するなら「赤くて甘いお酒」です。

赤酒の特徴:酒だけど日持ちする

赤酒の作り方は、日本酒と途中まで同じです。違いは「灰」が使われている点。

灰に含まれるアルカリ性で、酒に含まれる酸が中和され、日持ちするようになってます。

ウチにある赤酒は、開封してから1年ほど経ってますが問題なしです。日本酒だと、半年くらいでダメになります。

※使った灰は取り除かれており、飲んでしまう心配はないです。

飲み方

ボクの出身地である熊本では、正月に「おとそ」で出てきます。

割ったりせずに、そのまま飲みます。

オカズ

子どもの頃は毎年元旦に飲んでたよ。甘くて美味しかった記憶がある。

逆に大人になった今だと、「ちょっと甘すぎるな・・・」という印象です。

好みで割ってみても良いかもしれません。

アルコール度数は12度くらい

度数は、日本酒と同じくらいです。

料理での使い方

赤酒は「高級版みりん」と思ってもらえばオッケーです。

つまり、ミリンを使う代わりに赤酒を使えば良いです。

味が良くなります

赤酒を使った料理は、上品な甘さとコクがあり、まさに「ひと味違う」仕上がりになります。

「味に奥行きが出る」という表現が、ピッタリ当てはまりますね。

なんにでも使えますが、ボクは煮魚に使うことをオススメします。

魚の身を煮汁にチョンっと付けて食べると絶品です。

赤酒がオススメできない料理

赤酒がオススメできない料理は「色を付けたくない料理」です。

赤酒は薄口醤油と同じくらいの色がついており、白く仕上げたい料理には向いてません。

オカズ

里芋とかレンコンなんかを白く炊き上げたいときは、ミリンを使った方が良いね!

結論、赤酒はチート調味料

赤酒は、使うだけでグッと味が良くなるとチート調味料です。

「自分が作った料理で、家族や恋人を喜ばせたい!」

という方は、使ってみるのもアリですよ!

スポンサーリンク