新生児 どこからが便秘? 便秘の解消法・病院へ行く目安とは?

子育て

 

この記事は新生児の便秘、その解消法がわかる記事です。赤ちゃんは便秘になりやすい、しかし自分自身で不調を訴えることができません。そのためパパ・ママが異変に気付いてあげられるように毎日の排泄もしっかり見ておくことが大事です。

 

もくじ

  • いつからが便秘なの?
  • 病院に行くべき目安は?
  • 便秘の解消法は?

 

 

いつからが便秘なの?

 

おまる
大人は自分で便秘だと判断できるけど、赤ちゃんは違うの。次のような状態だったら便秘を疑ってみて!
  • いつもよりうんちの回数が減っている
  • お腹がいつもより張っている・固い
  • うんちが固い
  • うんちの量が少量
  • 母乳やミルクを飲みたがらない。飲んでもすぐに吐いてしまう
  • うんちをしようとするが痛がったり、泣いたりする
  • おならがいつもより臭い

 

排便のペースは個人差があります。何日間うんちしていないからと言ってこれは便秘だ!とは決められていません。普段のうんちの回数や頻度で比べてみて判断するようにしましょう。

 

病院に行くべき目安は?

 

まずママ達に伝えたいことは、過剰に心配する必要はありません。赤ちゃんは成長とともに腸が発達するにつれて一時的に便秘になることがあるからです。生まれたばかりの赤ちゃんは1日に4〜5回ぐらい柔らかい黄色または緑色のうんちをするのが普通です。しかし生後1ヶ月を過ぎる頃からうんちの回数が減ってくるため、2〜3日うんちが出ないと便秘ではないかとと心配するママ達が多いです。便秘かどうかを判断する目安として、2〜3日でないことがあってもまとめてたくさんのうんちが出たり、食欲があり元気であれば心配ありません。

ただし↓のような症状がある場合、病院へ受診しましょう。

  •  生まれた時から便秘
  •  ぐったりしていて熱・嘔吐がある
  •  排便時に痛みをともない、出血するほど固い
  •  うんちの色が灰白色

 

便秘の解消法は?

 

おなかマッサージ

便秘かな?と思ったら簡単にできる、おなかマッサージ!へそを中心に「の」の字を書くように優しく撫でるようにマッサージします。外側から腸を刺激してうんちが出るように促してくれます。私もこの方法は何回も実践しています。早くてその日にうんちを出してくれますよ。

 

綿棒浣腸

綿棒浣腸は、おなかマッサージでうんちが出なかった時に行います。この方法は、綿棒をお尻の穴に入れて刺激を与えうんちが出るのを促してくれます。やり方は、赤ちゃん用の綿棒にベビーオイルまたはワセリンをつけ綿棒の先端が穴に隠れるくらいさし、円をかくように刺激してあげます。ここで注意するのは奥まで入れすぎないこと!赤ちゃんが痛がったらすぐに止めること!

 

オリゴ糖を与える

腸内の善玉菌を増やしうんちが出るように促してくれます。この方法は、便秘改善効果に期待大です!粉末状のオリゴ糖を粉ミルクまたは白湯に混ぜて与えます。1日あたり0.5g〜1gが目安です。純度の高いオリゴ糖は口内で消化されにくい成分なので虫歯になりにくいです。離乳食がまだな赤ちゃんでも安心して与えることができます。

 

記事のまとめ

 

  •  排便のペースは個人差があるので普段の排便をしっかり把握しておこう。
  •  お家でも簡単にできる便秘解消法も試してみましょう。
  •  それでも解消しない場合は病院へ受診しましょう。

 

 

おまる
それでも気になる方はかかりつけの病院へ相談してみてね(^_-)

 

 

スポンサーリンク