一眼レフカメラのオススメ初期設定は「絞り優先モード」です

カメラ

こんにちは、しょーです。

この記事は

「一眼レフカメラを買ったけど、最初の設定はどうすればいいんだろう?初心者でも良い感じの写真が撮れる設定があれば知りたいな。」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・カメラ設定はAV・Aモードがオススメ
・ボケを調整する方法
・明るさ・色味を調整する方法

本記事を書いてるボクは、企業でカメラマンをしています。

初めてカメラを持ったとき、「え?ボタン多すぎて一体どうすればいいの?」と混乱するかもです。

今回は、カメラ初心者にオススメのカメラ設定を解説していきます。

本記事の内容を実践すれば、「お、良い感じに撮れたぞ!」となるはず。

さっそく見ていきましょう!

オススメはAVモード

初心者にオススメの撮影モードは、AVモードです。

理由は、カンタンに素敵な写真が撮れるから。

AVモードとは、ボケ具合を調整できるモードです。

要するに、「ボケ具合を指定するから、あとの設定は任せた!」とカメラにお願いするモードってわけです。

カメラ機種によってAVと表示されたり、Aと表示されたりします。

①AVモードの設定方法

カメラの撮影モードをAV・Aモードにしてみましょう!

キャノンのカメラだと、①モードを押す→②ダイヤルを回す→③AVに合わせてシャッターを半押し。これでAVモードへ設定できます

機種により設定方法が違うので、説明書などで「撮影モードの変え方」を確認してみましょう!

②シャッターを半押しして、撮りたいものにピントを合わせる

シャッターを半押しすると、カメラが自動でピントを合わせてくれます。

なお、シャッター半押しでピントが合わないなら、「自分でピントを合わせるモード」になってる可能性があります。

ピントの合わせ方は2種類あり、次のとおりです。

AF(オートフォーカス)・・・自動でピントを合わせてくれるモード

MF(マニュアルフォーカス)・・・自力でピントを合わせるモード

言うまでもなくAF(オートフォーカス)の方がカンタンです。

AFに設定しておこう!

数値を1番小さくするとボケる

AV・Aモードで調整できる数値を「F値」と言います。

このF値の数値を小さくするほど、写真がボケます。逆に数値を大きくするほどボケが無くなります。

AV・Aモードで調整できるF値

数値を小さくするほど、ボケる

数値を大きくするほど、ボケが無くなる

なお、F値については下記の記事で詳しく解説してます。

一眼レフカメラのF値とは?役割と使い方を解説

バシャバシャ撮ってみよう!

実際にAV・Aモードに設定し、写真を撮ってみましょう!

カメラの初期設定についてはこれで以上で、ここからは撮影時のコツをいくつか紹介して終わりにします。

ボケができる条件

ボケを作るには条件があります。それは「背景が遠くにあること」です。

ボケができる条件

①カメラはAV・Aモード

②撮りたいものに近づく

③撮りたいもと、後ろにある背景が離れている

ボケを作りたいときは、上記の条件を狙って撮ってみましょう!

明るさがイマイチなときは?

「なんか薄暗いな…」みたいな写真になったら、ISO感度で明るさを調整しましょう!

ISO感度とは

ISO感度は、明るさを調整する機能です

数値を大きくする→写真の明るさが増す

数値を小さくする→写真の明るさが減る

上記のようにISO感度をイジって明るさの調整ができます。

写真の色を変えられる

ホワイトバランス(WB)という機能を使えば、写真の色をコントロールできます。

こんな感じの天気マークで表示されます。

とはいえ、「どのマークにどんな効果があんねん!」ってなりますよね。次のとおりです。

赤っぽく変化するマーク

雲マーク・・・赤っぽさが+1

家マーク・・・赤っぽさが+2

青っぽく変化するマーク

蛍光灯マーク・・・青っぽさが+1

電球マーク・・・青っぽさが+2

通常はAWB(オートホワイトバランス)で撮りつつ、調整してみましょう!

太陽マークは「目で見た色」に調節してくれます。

なお、カメラ買いたての方は下記の本がオススメです。

という訳でこの辺にしておきます。

スポンサーリンク