だし巻き玉子の練習方法と、巻くのが難しいときの解決策3つ

料理

こんにちは、しょーです。

この記事で解決できる悩み

だしまき卵が上手にできない。何かいい練習方法ってありますか?あと、失敗しそうなときの対策とかも聞いときたいな

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 玉子を消費ぜず、だし巻き玉子を練習する方法
  • 巻けないときの解決策3つ

ボクは板前歴10年。

だし巻き卵は100本くらい作って、やっと感覚を掴めるようになりました。

誰もが最初は失敗すると思うので、上手く出来なくても問題なし。
巻く感覚が掴めるまで、コツコツと作り続けましょう。

というわけで、本題へ入ります。

玉子を消費ぜず、だし巻き玉子を練習する方法

「タオルを巻く」ことで、玉子を消費せずだし巻きの練習ができます。玉子を使いませんからね笑
濡らしたタオルを、フライパンで巻くだけです。

フライパンで、濡らしたタオル・フキンを巻く

初心者の板前は、この方法で練習します。
何回でも繰り返し練習できます。

巻けないときの解決策3つ

次に、巻けないときの解決策3つです。下記のとおり。

  • 一文字(いちもんじ)を使う
  • 出汁(だし)を減らす
  • まきすに巻いて形を整える

一文字(いちもんじ)を使う

一文字を使えば、かなりラクになります。

一文字とは、お好み焼き屋さんで見るヘラみたいなやつです。

居酒屋さんとかでも、一文字を使ってだし巻きを作ってる所があります。

巻くのが簡単になるからです。

一文字の選び方

お使いのフライパンに合った一文字を選ぶのがオススメです。

銅製のフライパンなら、金属の一文字がオススメです。

理由は、熱で溶けないから。

テフロン加工のフライパンなら、シリコン製とかの一文字がオススメです。

理由は、テフロン加工がはがれにくいから。

テフロン加工がはがれたフライパンは、くっついて料理どころじゃありません。

銅製のフライパン→金属製の一文字

テフロンのフライパン→シリコン製とかの一文字

出汁(だし)を減らす

出汁を減らすと、巻きやすくなります。

水分が減ることで、卵がしっかり固まるからです。

出汁を減らすなら、醤油などの調味料も減らしましょう。

味が濃くなりますので。

出汁の量の目安は、下記のとおり。

玉子4個に対して

出汁30cc   初級

出汁60cc   中級

出汁90cc   上級

出汁100cc以上 プロ

こんな感じ。

ボクが料亭にいたころは、玉子4個に出汁120cc入れてました

出汁が多いほど、ふわふわで美味しいです

慣れてきたら、上記を参考に出汁を増やしてみてくださいね!

まきすに巻いて形を整える

まきすも失敗を防げる道具です。

まきすを使えば、軽く崩れたとしても形が整いますよ。

とはいえ、熱いうちにまきすに取らないと効果がないです。

熱いうちにまきすに取り、形を整え固めるイメージです

火傷には気をつけてくださいね!

というわけで以上です!

PS:新たに料理ブログ「料理のナゾ」を立ち上げました。
食材の下処理を軸に、プロのノウハウを公開中です!

スポンサーリンク