動画編集者がまず読むべきデザイン本2つと収益アップにつなげる方法

動画編集

こんにちは、しょーです。

この記事は

「動画編集者にオススメのデザイン本を知りたいな!実際に、動画編集者の人が買って良かったデザイン本を聞いてみたい!」

という方向け。

この記事を書いてるボクは、動画編集歴3年目。
動画編集を始め案件が取れ出すと、デザインで悩む人も多いはず。
という訳で、本記事ではボクが案件をしつつ役立ったデザイン本を2つ紹介します。

1つ注意点があり、デザインの本は紙の書籍が読みやすいです。Kindleとかじゃなく、紙の本を選びましょう。

なお、読む順番も考えました。
紹介する順番に読み進めることで、効率よくデザインの知識が深まるはず。

さっそくみていきましょう!

デザイン入門教室

1冊目が当ブログで何度か紹介している「デザイン入門教室」です。

デザインを学んだことが無い人にオススメ。
レイアウト、書体、文章デザイン、配色など、この1冊で基礎知識が身に付きます。

辞書的に使えるのも便利です。
ボクは、テロップデザイン、ロゴを配置する場所、画像を置く場所なんかで迷ったとき、この本を参考にしつつ作業してました。

3色だけでセンスのいい色

この本は、配色を決めるときに役立ちます。
3色使った作例と、カラーコードが書いてあるからです。90種ほどの配色パターンが紹介されてます。

色で悩むことが減り、重宝するはず。

という訳で、動画編集者にオススメのデザイン本2冊でした!

ここで終わってもいいですが、「学んだデザインを案件で活かす方法」について少しお話しして終わりにします。

学んだデザインを案件で活かす方法

クライアントを喜ばせることが出来れば、継続案件になるし、単価が上がることもあります。

では、デザインでクライアントを喜ばせる方法は何か?

答えは、動画が見やすくなるデザインを提案するです。
もしくは、カッコよくなるとか、可愛くなるとかでもいいと思います。

どうやって提案するの?

ここまで聞くと「じゃあ、どうやって提案をすればいいんですか?」と思うかもです。

これに対する答えは、「〇〇のデザインを変えてみました。いかがでしょうか?」と聞くだけでオッケーです。
編集中の画面をスクショして、聞いてみるだけ。

意外と、このあたりの提案をするだけで他の編集者と差別化ができます。

ぜひ学んで実践してみてください!

本記事で紹介した書籍↓

スポンサーリンク