イーサリアムを取引所で売買したい【ビットバンク】で解決

仮想通貨

こんにちは、しょーです。

この記事は
「イーサリアムを取引所で買いたいな。イーサリアムを取引所で買える仮想通貨取引所を教えてくれ!」

という疑問にお答えします。

さっそく結論ですがbitbankを使えば、取引所でイーサリアムを売買できます。

イーサリアムだけでなく、ビットコインなど計11種類の通貨を取引所で売買できます。

口座開設は、無料です。

さっそく、ビットバンクの特徴を見ていきましょう

ビットバンクのデメリット

まずはデメリットから。

口座開設に時間がかかる

ボクはコインチェック、ビットフライヤー、bitbankの口座を持ってます。

開設までに1番時間がかかったのが、ビットバンクです。

手続きは簡単だったけど、申し込み後の審査に1日くらいかかりました。

ビットフライヤーだと、審査は3時間くらいで高速でした。

出金手数料が高い

日本円の出金手数料を、仮想通貨取引所ごとに比較すると、下記の通り。

◎ビットバンク

3万円未満:550円

3万円以上:770円

◎コインチェック

407円

◎ビットフライヤー

220~770円

◎GMOコイン

無料

上記のとおりでして、ビットバンクは他社と比べると出金手数料が高めです。

ビットバンクのメリット

メリットを見ていきましょう!

取引所で扱ってる通貨が多い

ビットバンクの特徴は、取引所で扱っている通貨の種類が多いって所です。

※取引所と販売所の違いについては、詳しく別記事を準備中ですm(_ _)m

ビットバンクの「取引所」で取引が出来る通貨

 

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

・ライトコイン(LTC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・モナコイン(MONA)

・ステラルーメン(XLM)

・クアンタム(QTUM)

・ベーシックアテンショントークン(BAT)

・オーエムジー(OMG)

・シンボル(XYM)

他の国内大手取引所と比べても、圧倒的に多いです。

コインチェックやビットフライヤーは、取引所でビットコインしか売買できません。

それに比べると、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を取引所で多く扱っているのは、ビットバンクの魅力ですね。

ビットバンクの各手数料

ビットバンクの手数料は下記のとおり。

‐取引手数料

・販売所:無料

・取引所:メイカー(-0.02%)、テイカー(0.12%)

‐入金手数料

・無料

‐出金手数料(日本円と主要通貨)

・日本円550円(3万円以上は770円)

・ビットコイン 0.006BTC

・イーサリアム 0.005ETH

 

「メイカー、テイカーって何?」ってなるかもです。

 

メイカー、テイカーとは?

メイカーは、取引板に並んでない価格を提示し、売買すること。

テイカーは、取引板にすでに並んでいる注文で売買すること。

要するに、メイカー注文だとお金を貰いつつ取引ができます。

テイカー注文だと、手数料が発生します。

ちょっと難しいかもです。とはいえ、手数料を取られても0.12%なので、大失敗じゃありません。やってみて使いつつ、慣れていきましょう。

という訳で終わりにしてもいいですが、ここからはオマケです。

仮想通貨を運用し、増やす話です。

レンディングサービスで貸し出す

レンディングサービスとは?

仮想通貨の取引所に仮想通貨を貸して、利息を受け取れるサービスのこと

大抵の人が「仮想通貨を買う→値上がりを待つ」って感じだと思います。

ですが「貸し出す」ことで、収入を得ることができます。

ビットバンクの年率は最大3%でして、貸し出して放置すれば仮想通貨が増やせるのは魅力ですね。

という訳で、イーサリアムを取引所で売買できるbitbankについてでした。

繰り返しですが、口座解説は無料です。

スポンサーリンク