源平焼きとは?由来2つと調理例を板前が解説

料理

こんにちは、しょーです。

この記事では

「源平焼きってどんな料理なの?どんな由来があったんだろう…。調理例とかも知りたいな」

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いてるボクは、和食歴10年の元板前でして、和食のプロでした。

今回の内容は、料理人でも知らない人がいるくらいの専門的な内容です(⌒▽⌒)

さっそく解説していきますね!

源平焼きはどんな料理?

源平焼きは、同じ食材で2通りの焼き物を作ったもの

一皿に2種類の焼き物が盛り付けられて提供されます。

有名なのはウナギのかば焼きと、白焼きですね。

ウナギだけじゃなくて、どんな食材でも2種類の焼き方をすれば「源平焼き」と言います

源平焼と呼ばれいてる由来

 

源氏と平氏は、同じ武士でも違うもの同士

同じ食材を違うもの同士にしたから源平焼き

 

と料理長に教えてもらいました

所説あると思いますが、この話を聞いたときに鳥肌がたったのを今でも覚えています

料理の由来ってすげぇえ!ってシンプルに感動しました

調理例

食材と調理法の数だけあります

タイの照り焼きと、タイのみそ焼き

茄子の赤みそ田楽と、茄子の白みそ田楽

サワラの黄味焼きと、サワラの利休焼き

などなど…かなり幅が広い料理です

食べ比べができるので、ボクはけっこう好きな料理です

というわけで今回は以上です!

スポンサーリンク