「家庭向け」砥石の選び方・包丁の研ぎ方!必要なのは2つだけ

料理

こんにちは、しょーです。

この記事は
「包丁が切れない!研いでみたいけど、やったこと無いから分からない。必要な道具とかコツを丸っと教えてくれ」

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いてるボクは和食歴10年。包丁は嫌というほど研いできました(^^;;

今回は「家庭向け」に包丁の研ぎ方を解説します。

それでは、見ていきましょう!

砥石の種類

そもそも「必要な砥石はどれじゃ?」って話です。

砥石には、3つの種類があります。

・荒砥石

・中砥石

・仕上げ砥石

家庭で使うなら、中砥石です。

理由は、切れ味を回復させるのは中砥石が最適だから。

それぞれの砥石の使い方は、ざっくり下記の通り。

特徴・使い方

荒砥石・・・刃が欠けたときに使う

中砥石・・・包丁が切れなくなったときに使う

仕上げ砥石・・・切れる包丁をさらに鋭く、サビにくくする

上記の通りでして、繰り返しですが家庭向きの砥石は中砥石となります。

魚を捌いたりするなら、荒砥石を持ってても良いかなくらい。魚を捌くと、包丁が欠けることありますからね。仕上げ砥石は不要です。

砥石の番号は何?

ちなみに、砥石には番号がありまして、中砥石の番号は(#1000~2000)程度です。

オススメの砥石は「キング砥石」です。安いし、よく切れるようになります。厨房でもよく使われてます。

包丁を研ぐ際のポイント

研ぐときのポイントをまとめました。

砥石を水に漬けておく

包丁を研ぐ前に、砥石を水に漬けておきます。

10分ほど漬けておけばオッケーです。

水を吸った砥石に包丁を当てれば、茶色い水分が出てきます。(正確には水分ではなく砥石の成分。砥石の色によって色が変わります)この砥石から出た水分で、包丁の切れ味が増していきます。

カラカラに乾いた砥石に包丁を当てても、砥石から水分が出ません。無駄に刃がすり減るだけなので注意です。

ケガしないよう砥石を固定

砥石をしっかり固定しましょう。砥石台がオススメです。

滑り止めにタオルでも良いですが、ツルンと滑ったら下手すりゃ大けがします。

ボクの経験上、シンクにかけられる砥石台が1番研ぎやすいですね。

砥石の上に蛇口がある状態なので、すぐ水で流せてキッチン周りが汚れません。

刃先から研ぐ

刃先から研いでいきましょう。

理由は、刃元から研いでしまうと、包丁が鶴首になりやすいから。要するに、鎌みたいな刃の形になります。

包丁研ぎは「包丁を削る行為」です。刃元や中間部ばっかり削ったら、刃先だけが残ります。刃先だけが残ると、繰り返しですが鎌みたいな形になります。

「ウソでしょ」と思うかもですが、割とあるあるです。

こうなると、包丁の中間部がまな板に当たらなくなり、使い物になりません。

ですので、刃先→中間部→刃元の順で研いでください。

刃先を20回くらい研いだら、中間部と刃元を15回くらい研ぎましょう。

裏面の研ぎ方

裏面を研ぐ回数は、包丁の種類によって変わります。

目安は下記の通り。

和包丁であれば1~2回

牛刀であれば、表面と同じ回数

和包丁の場合、裏面を研ぐときは砥石にピタッとくっつけてオッケーです。

洋包丁の場合は、少し角度をつけて裏面を研ぎましょう。

研げない包丁もある

セラミック製の包丁は、砥石で研ぐことが出来ないようです。ボクはセラミック製の包丁を使ったことがなく、詳しく分かりませんm(__)m

という訳で、包丁研ぎについて解説しました。

ケガしないように、気をつけましょう!

スポンサーリンク