コード内のスペルミス全角スペースミスをなくすならCode Spell Checker

プログラミング
あなた
コードの打ち間違えでエラー解決に何時間も使ってしまった…。
打ち間違えでこんな時間を使うなんて、自分には向いていないのだろうか。
簡単にミスが発見できる拡張機能ないかなぁ….

  

そんなお悩み解決します!

  

本記事の内容

  • 打ち間違え(スペルミス)がなくなる。
  • VScodeの拡張機能「Code Spell Checker」についてわかる。

  

おまる
独学でプログラミング学習し、Web製作会社へ就職したわたしが現在もこの拡張機能に助けられています。

VScodeの拡張機能「Code Spell Checker

まず、コードエディターのVScodeは無料なのでぜひインストールをおすすめします。

VScodeインストールはこちら

VScodeの拡張機能として「Code Spell Checker」があります。
拡張機能自体もほとんどのものが無料です。(今まで有料のものを見たことはありません)

Code Spell Checker」でエラーをなくす!

Code Spell Checker」のスゴいところは、スペルミスチェックだけではありません。

  

おまる
スペルミスはないのに、うまく反映されない…エラーが出る…なんて経験ありませんか?ない方は今から確実に経験するはずです。
そのエラーは半角ではなく「全角スペース」になっている!

  

コードを書き込む時は、全て半角(テキストは全角)入力です。
全角スペースを見つけるのは至難の業…。
全てのスペースを削除し、もう一度半角スペースを書き込む作業をしなければなりません。

そんな時に「Code Spell Checker

↑画像のように、全角スペースを打ち込むと黄色い四角が表示されます!  

↑スペルミスだと、青波線が表示されます。
この拡張機能で全角スペースミス・スペルミスもなくなりますね。

Code Spell Checker」インストール方法

VS codeを開きます。

左メニューにある拡張機能ボタンをクリック

Code Spell Checkerを検索

Code Spell Checkerをクリック、すると右側にCode Spell Checkerの詳細が表示される

インストールする。(画像では既にインストールされているので無効ボタンが表示されています)

たったコレだけで、スペルミス・全角スペースミスがなくなります!

まとめ

VScodeの拡張機能「Code Spell Checker」でコードのスペルミス・全角スペースチェックが可能です。

スポンサーリンク