仮想通貨の初心者がNFT販売で失敗したことまとめ【解決策あり】

仮想通貨

こんにちは!しょーです!

この記事は
「NFT販売をやってみよう。何か気を付けることってありますか?」

こんな疑問にお答えします。

ボクは2021年10月、話題のNFTを出品してみて色々と失敗しました。

ボクと同じ失敗をする人が出ないよう、この記事を書きました。

さっそく見ていきましょう!

イーサリアムを取引所で買わなかった

「NFTを始めるなら、まずはコインチェックで口座開設(^O^)」

という情報を、よく見かけます。

でも、ホントにコインチェックで良いのか?

まず、なぜNFTを始めるのに仮想通貨取引所の口座が必要なのか?

ここを、おさらいしましょう。

NFTの売買に必要なのはイーサリアム

NFTを売買するためには、イーサリアムっていう仮想通貨が必要です。

ということは、NFT売買に適した仮想通貨取引所は、「イーサリアムを安く買える所」になるはず。

イーサリアムを安く買う方法

イーサリアムを安く買う方法は、「取引所でイーサリアムを買う」ことが必須。

「うん、取引所で買うんでしょ?仮想通貨取引所で買うんだよね?」

と思うかもですが、違うんです。

仮想通貨取引所には2ヶ所の窓口がある

仮想通貨取引所では、2か所の窓口にて仮想通貨が買えます。

「販売所」と「取引所」です。

販売所とは

初心者でも売買が簡単。

Amazonでポチるみたいなイメージ。

でも、手数料が高い

 

取引所とは

初見だと、使い方が分かりにくい。(ボクは分からなかった)

でも、手数料が安い

上記の違いがあり、気にすべきは手数料です。

販売所と取引所で、どれだけ値段が違うのか?

さて、販売所と取引所で、どれだけ値段が違うのか?

同日、同時刻にイーサリアムの価格を比べてみました。

販売所の値段

取引所の値段

 

販売所の値段・・約28万5700円

取引所の値段・・約27万8700円

およそ7000円も違います(笑)

1イーサで7000円違うので、10イーサ買えば7万円の違いが出ます。

という訳で、NFT始めるなら「イーサリアムを取引所で買える仮想通貨取引所」で口座を作るべきです。だって安く買えるんだもん。

というか基本的に、販売所じゃなくて、取引所で仮想通貨を買うべきです。安いから。

ちなみに、コインチェック、ビットフライヤーでは、イーサリアムを取引所で買うことができません。

取引所でイーサリアムを買えるのが、bitbankです。

bitbankでは、11種類の仮想通貨が取引所で売買できます。口座開設は無料ですので、ぜひって感じです。

ボクの失敗1つめ。「イーサリアムをコインチェックの販売所にて、高い値段で買ってしまった」でした!

メタマスクに送金したイーサリアムが足りなかった

NFT出品には、メタマスクっていう財布に買ったイーサリアムを送金しないといけません。

「今なんの話してるの?」となるかもなので、遅くなりましたがNFT出品の流れをざっと書いておきます。

 

仮想通貨取引所で口座開設

開設した口座でイーサリアムを買う

開設した口座から、メタマスク(財布)にイーサリアムを送金(送金手数料がかかる)

メタマスクに入れたイーサリアムで、NFT出品手数料(ガス代と言われてる)を支払う

作った作品をオープンシーにアップロードで完了

ざっくり上記の流れです。

仮想通貨取引所から、メタマスクに送金するとき手数料がかかります。

ビットバンクだと、イーサリアムの出金手数料は0.005ETHです。

ボクは3万円分のイーサリアムを買い、約1万円分のイーサリアムをメタマスクに送金。

「よし、NFT出品手数料(ガス代)を払おう!」と思った所、、ガス代が足りないことに気づきました。

メタマスクに2回目となるイーサリアムを送金(出金手数料をまた払うハメに)

という訳でして、「ガス代がいくらかかるのか?」をしっかり確認しましょう。

ガス代の確認方法と、安くする方法は下記の記事が参考になります。

ガス代の確認方法の記事

その他、注意点

ここからはボクがやらかした失敗じゃないですが、NFT売買の注意点です。

偽サイトが存在する

メタマスクやOpen seaは偽サイトが存在します。必ず公式サイトのURLと合ってるか確認しましょう。

メタマスクのパスワードとリカバリーフレーズを忘れたら、復元できない。

メタマスクのパスワードとリカバリーフレーズの両方を忘れると、復元ができなくなります。

メタマスク内の資産を全て失うことになるので、慎重に管理しましょう。

と言うわけで、この辺にしておきます。

スポンサーリンク