【裏技】煮物に旨みを出す!出汁をとらずに出汁を作る方法【時短料理でワンランクアップ】

料理

こんにちは、しょーです!

この記事は

「出汁をとるのはメンドイ…でも出汁の旨味が欲しい!」

「どうにかラクに出汁の味を再現できないかな…」

といった方向け。

今回は、板前を10年やって知った小技を紹介していきます。

結論、「ほんだしと追い鰹」を組み合わせてワンランク上の出汁を作ろうって話です。

ぶっちゃけ今って出汁をとらずに美味しい料理が作れますよね。

ですがやっぱり、とった出汁にはかなわない!

お吸い物なんかは特に、とった出汁でしか味わえない味があります。

出汁の代わりになるとても優秀な商品がたくさん出ていますが、まだ本物と肩を並べるほどには至ってないなと感じます。

そこで今回は「追い鰹」でラクに出汁を作りましょうという話です。

とった出汁ほどではありませんが、「カツオ節を使っていること」で大きく味が変わりますから。

さっそく見ていきましょう!

ほんだしと、追い鰹で出汁を作る

出汁をとるときにメンドウなのが、濾す作業です。

この作業をなくしましょう!

やり方は簡単。

パックにカツオ節を詰めて鍋に入れれば良いんです。

これでカツオ節の旨みが入った出汁になります。

ただ、この方法には1つデメリットがあります。使えるカツオ節の量に限界があるんです。

パックに入るカツオ節の量は限られている。まぁパックを2個、3個と増やしてもいんですが、なかなか邪魔になるんです。

カツオ節の量に限界があるってことは、出せる旨みが限られているってこと。

そこで登場するのが「ほんだし」です。

ほんだしを使って旨みを補うんです。

だしの素って液状タイプとか、粉状タイプとか色んな商品があるんですけど、ほんだしが1番良いと思います。

酸味が少なく、変に旨みが強すぎないんですよね。

だしの素を使うなら、ほんだしがオススメ。

ほんだしとカツオ節を合わせて、ワンランク上の出汁が完成です。

向いてる料理

野菜の煮物に向いてます。特に、薄口醤油で作った煮物には最高です。

カブ、大根、レンコン、里芋などなど。

あっさりとした味付けに、カツオの旨みは至高ですね。

おひたしとか、おでんとかにも良いですよ。

この記事ネタを思いついたのも、おでんを作ろうとしたからです笑

ただ、2番出汁って感じなので、吸い物には向いてないです。

ほんだし+カツオ節パックで色んな料理を作ってみてください!

それと、ほんだしを含め化学調味料を使ったときは酒を少し入れましょう。

化学調味料にある独特の臭いをやわらげてくれます!

というわけで今回は以上です!

スポンサーリンク