離乳食はいつから?どうやって進めるの?『離乳食初期編』

子育て
おまる
3児の母、おまるです。

今までは母乳やミルクだけから栄養を摂取していた赤ちゃん。

しかし、次第に食べ物へと変わっていきます。

いきなり変えるんじゃなく離乳食という段階を踏んで食べ物から栄養を取るようになっていきます。

今回は離乳食はいつから始めればいいのか、開始時期の見分け方などをご紹介していきますよd( ̄  ̄)

 

離乳食はいつから?目的・注意点

離乳食は大体、生後5ヶ月になったら始める方が多いようです。実際に私も5ヶ月に入ってから離乳食を開始しました。5・6ヶ月での離乳食はゴックン期と言います。

初めの頃は味付けなしでも大丈夫d( ̄  ̄)

素材の味を楽しませてください!

 

離乳食の目的

 

離乳食 初期『ごっくん期』での目的は、食べ物を飲み込むことが目的です。

しっかり食べ物をごっくんと飲み込めるかの練習になります。

 

離乳食の注意点

 

初めての固形物を口に入れることなので、嫌がったり食べなかったりするのは当たり前d( ̄  ̄)

そんな時は無理に食べさせず、ミルクや母乳をあげてくださいね(^ ^)

お子様のペースに合わせて進めていきましょう!

 

開始時期の見極め方

お子様が生後5ヶ月になったからといって、すぐに離乳食を開始するものでもありません。お子様が離乳食に挑戦できるサインがあります。そのサインとはどういうサインなのかまとめてみました。

  •  腰が座っている。(椅子に1人で座ることができる)
  •  よだれがではじめる。
  •  歯が生えはじめる。
  •  大人の食事に興味を示す。

このようなサインがあるとそろそろ離乳食を始めてみてください。

離乳食の進め方・あげる回数・時間帯

 

離乳食では主に10倍がゆをあげていきます。10倍がゆとは、お米1に対し水10の量で炊いたおかゆをすり潰したものです。見た目はヨーグルトみたいにドロドロとしています。

 

進め方

1週目

10倍がゆのみをあげていきます。

1〜2日目はスプーン1杯

3〜4日目はスプーン2杯

5〜6日目はスプーン3杯

という感じに徐々に増やしていきましょう。

 

2週目

10倍がゆに野菜をプラスしていきましょうd( ̄  ̄)

野菜も10倍がゆと同じくペースト状にします。(湯がいて、すり鉢でゴイゴイ!!)

初めて食べさせる野菜は「1種類」「スプーン1杯」をあげていき、10倍がゆと同じように徐々に増やしてあげていきましょう。

使える食材はにんじん・じゃがいも・カボチャなどです。

※食材によってアレルギーが出る可能性があるので初めてあげる食材はしっかりメモしておきましょう!

 

3週目

さらに魚や豆腐もプラスしていきましょうd( ̄  ̄)

魚は白身魚を使用します!

豆腐はしっかり”湯どうし”しましょう!

あとはすり鉢でゴイゴイとペースト状にし、「1種類」「スプーン1杯」10倍がゆと同じように徐々に増やしていきましょう( ^ω^ )

 

あげる回数

 

離乳食をあげる回数は初期だと1日1回。

中期に入ると1日2回、後期で1日3回になります。

 

時間帯

 

離乳食をあげる時間帯はなるべく午前中にあげることをオススメします。

 

おまる
なぜ午前中なのか?

 

それはもしアレルギー反応が出た場合にすぐに病院へ受診できるからです。またある程度決まって時間に離乳食をあげることによって、お子様の1日のリズムを作ることができます。

 

簡単にできる10倍がゆ レシピ

 

毎日、授乳などで忙しいママ達にオススメするのが、炊飯器で簡単10倍がゆレシピです!

作り方はとっても簡単!

パパ・ママ用のご飯を炊く際、耐熱容器に米1:水10の割合で炊飯器の釜の真ん中に置いてスイッチを入れるだけです。

とっても簡単!!大量に作って冷凍したものをあげるのは気が引ける方にオススメです。

 

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

焦らずゆっくり、赤ちゃんのペースで離乳食進めていきましょうね。

「昨日はいっぱい食べてくれたのに、今日は全然食べてくれない」なんてことが

多々あるので、あまり深く考えないでくださいね(^ ^)

  •  離乳食は5ヶ月くらいから始める方が多い。
  •  大人の食事に興味を示すなどサインを見極めて始めてみよう。
  •  基本離乳食初期は10倍がゆをあげる。
  • 1週目・2週目と徐々に食べる食材・量を増やしていく。
  •  離乳食をあげる時間帯はなるべく病院が開いている午前中にしましょう。
  •  なるべく同じ時間に離乳食あげてリズムを作りましょう。

 

スポンサーリンク