プロの技【即使える時短術】ゆで卵の殻を爆速で剥きツルツルに仕上げる方法

料理

こんにちは、しょーです。

この記事は

「ゆでたまごの殻むき、終わらねぇ~」

「なにか早くむく良い方法はないのか!」

という方向け。

先日、下記のツイートをしました。

https://twitter.com/sho30mb/status/1444194512373309442?s=21

 

ツルッツルの茹で卵の作り方

卵は酢を入れて茹でる→茹でたら水でイッキに冷やす→殻がスルスルむける→ツルッツルになる
となります。
おでんがラクで綺麗になりますよ。

上記を「殻を速くむく」にフォーカスして詳しく解説します。

ボクは板前歴が10年。

茹で玉子は一生分むきおわりました。

この記事を読んでいるあなたはきっと、玉子を1個づつコンコンして殻をむいてるはずです。

爆速で殻をむく方法は、下記です。

爆速で殻をむく方法

玉子を茹でたら鍋ごとガチャガチャする。

詳しくみていきましょう!

塩と酢を入れ茹でる

水に塩と酢を入れ、玉子を茹でます。

殻のむきやすさは、茹で方で変わります。

まず茹で方にコダワリを持ちましょう。

玉子10個に対して、入れる塩と酢の分量は下記のとおり。

 

塩と酢の分量

塩をひとつまみ

酢を大さじ1

分量はだいたいでオッケーです。

塩と酢の効果はざっくり下記のとおり。

 

塩・・・殻が割れたとき、白身の流出を防ぐ

酢・・・酸で殻が柔らかくなり、むきやすくなる

殻むきのスピードアップのためには、酢は必須です。

茹で終わったら、水で一気に冷やす

茹でたら、水で一気に冷やしましょう。

殻と白身が異常にくっついてむきにくかった経験はありませんか?

これは茹でた後の冷やし方が足りてない可能性が高いです。

茹で終わりにやっちゃいけないのが、水をちょろっと入れてぬるま湯につけたままにすること。

殻と白身が一心同体のごとくくっつきます。これを解決するのが水で一気に冷やすです。

冷水で一気に冷やせば殻と白身の離れ方がよくなります。

玉子はまとめてガチャガチャして殻にヒビを入れる

冷やしたら、玉子を鍋に入れたままガチャガチャ揺らしてください。

チャーハンを作るように、玉子を鍋でふるってください。

やり過ぎたら壊れるので注意してください。

どういうことかというと要するに

玉子1個1個にヒビを入れるの非効率。1回で全ての玉子にヒビ入れよう!

ってことです。

1回1回シンクにコンコンするのやめましょう。

あなたの人生は、茹で卵を1回1回コンコンするためのものじゃないはず。

ガチャガチャすれば一気に玉子にヒビが入り、効率化できます。

ちなみに玉子を茹でる時間は

 

水から火をつけ沸騰したら15分

上記です。

というわけで以上です!

おでん作りに役立ててください!

 

スポンサーリンク