手羽の下処理とホロホロに柔らかくする方法【煮込み、唐揚げ、塩焼き、全て柔らかくできる】

料理

こんにちは、しょーです。

この記事は

「手羽を柔らかくする方法を知りたいな。あと、手羽を使ったオススメの調理例とかも聞いてみたい」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・手羽を柔らかくする方法

・柔らかくした手羽の調理例

ボクは元板前でして、歴は10年。

今回は、ボクが料理人の頃に学んだ「手羽の扱い方」を公開していきます。

手羽を柔らかくする方法

まずは、手羽を柔らかくする方法から。

手羽は30分茹でると、柔らかくなる

上記のとおり。

理由は、肉類は長時間加熱すると柔らかくなる性質だからです。

ですので、手羽先、手羽元、手羽中、どれも30分ほど茹でれば柔らかく仕上がります。

例えば、おでんに手羽先を入れるとホロホロになりますよね。

これも長時間火を加えたからです。

オススメ調理法

柔らかくした手羽のオススメ料理法は3つです

・塩焼き

・唐揚げ

・鍋

塩焼き

茹でた手羽に、塩胡椒を振って焼きます。

ライオンのように噛みちぎらなくても食べれる柔らかさです。

「ホロホロな手羽先の塩焼き」をYouTubeで公開してます。

唐揚げ

茹でた手羽に、鳥の唐揚げのように味付けをして揚げます。

お好みに味付けして、揚げてみてください。

表面ザクザクで身がホロホロの手羽唐揚げ、最高ですよ。

茹でた手羽の汁を、鍋出汁にします。

茹で汁に昆布、酒、薄口、みりんを入れて薄く味付けます。

あとは野菜とかを好みで入れて鍋にします。

ポン酢にダイコンおろしと柚子胡椒を入れ、食材をつけつつ食べると最高です。

今回は、このくらいにしておきます!

スポンサーリンク