【産後に起こる体の変化】産後ケアの必要性・産後うつにならないために今できること

子育て
妊婦さん
産後のからだの変化が気になっている…..
産後ケアもよく耳にするけど、必要性はあるのかな?

  

そんな疑問解決します!

  

おまる
3人の出産を経験した、おまるです!
今回は産後ケアの大切さを実体験をまじえながらご紹介していきます。
今やらないとあとで後悔しますよ(*_*)

  

本記事の内容

  • 産後ケアの必要性がわかる。
  • 産後のからだの変化がわかる。
  • ケアの内容がわかる。

産後ケアの必要性はあるのか?

  

おまる
結論から言うと、産後ケアの必要性はおおいにあります!

  

産後ケアにもさまざまなケアがあります。

からだのケアはもちろん、心のケアもおこなうことがとても大切です。

  

妊婦さん
心のケア?
産後はかわいい子供にも会えて、嬉しい気持ちが多くなると思うからわたしには必要ないわね…!

  

おまる
わたしも同じ考えで、産後うつになりかけました。

  

妊婦さん
えっ…..!

  

そうなのです、だれしもがなる可能性があるうつ。

それが産後うつなのです!

  

チェックポイント

産後ケアは甘えではない、女性が受けるべきケアです!

  

というか、産後くらいたくさん甘えてください!

  

産褥期(さんじょくき)

  

産後すぐから1ヶ月にかけての時期を「産褥期」と言います。

  

おまる
家事などあまりからだを動かしてはいけないの…

  

お風呂も浴槽につからないようにしなければなりません。

一体なぜ?

担当の先生に聞いたところ、産後の膣はゆるくなっているため浴槽につかるとバイ菌が侵入する可能性があるそうです!

  

おまる
冬に出産したとき、シャワーのみはさすがに寒かったな….

  

この産褥期があるため、里帰りする妊婦さんは多いですよね。

  

産後のからだの変化とケア方法

  

マタニティーブルー(産後すぐ)

  

マタニティーブルーとは

産後3日までに約30〜50%のママが情緒不安定・不眠・抑うつ気分・不安感・注意散漫・イライラなどの精神症状を経験します。この症状が「マタニティーブルー」

ピークは産後の5 日目頃で、10 日目ぐらいまでには改善していきます。

上記の症状があらわれてから短期間で消えていくのが特徴です。

マタニティーブルーになる原因

胎盤からの女性ホルモンの急激な減少などが原因とされてる。

ケア方法

無理に前向きになろうとせず、悲しいこと不安なことは信頼できる人に話すだけでも症状が軽くなるので話してみるといいでしょう!

  

便秘・痔(産後すぐ)

  

便秘・痔になる原因

出産時の出血で腸内の水分が少なくなってしまう事や、母乳に水分を取られてママの体内水分量が減ってしまう事、子育てのストレスなどが原因とされています。

帝王切開だと傷口が気になり、おなかに力を入れることができず便秘になったりもします。

わたしも子ども3人出産後に便秘・痔に悩まされました。

特に3人目がひどく、最終的には病院で浣腸をして出しましたがとても辛かったです( ; ; )

ケア方法

とにかく水分補給をおこなうこと!

食事は根菜類や乳酸菌を含むものを積極的に取りましょう!

ごぼう茶もおすすめ!わたしもガブ飲みしてました。笑

それからトイレに座る癖をつけること大事です。赤ちゃんが泣きだしたりすると、ついトイレを後回しにしがちです…。

  

産後、ひどい頭痛とひどい便秘に悩まされていたのですが、我慢せずに婦人科で薬をもらったところ、すぐよくなり、悩んでいたのがウソのように気持ちも楽になりました。

Moonyホームページ

骨盤が開く(産後すぐ)

  

骨盤が開く原因

妊娠中に開ききった骨盤は、元の状態に戻ることはないそうです( ; ; )

骨盤が開きっぱなしだとお尻が大きく見えたり、ウエスト周りがサイズアップします。

ケア方法

産後1ヶ月検診を終え、からだに問題がなければ産後ベルトを巻くようにしましょう。

不安な場合は、検診の時に先生に聞くのもいいでしょう。

  

やっぱり骨盤ひろがりました!びっくりするくらいに…。よく産後は産褥体操がいいとか、骨盤ベルトをつけるといいとか言うけれど、多分当たっていると思います。でも私は初出産後だったこともあり、そんな余裕はなかったです。笑。産褥体操は忙しくて断念、骨盤ベルトはつけ忘れたりしていました。結果元の体型には戻らずです( ; ; )。

あと、妊娠線は、ほぼできると思います!お腹にローションなどを塗っていましたが、私には効果がありませんでした。9ヶ月に入って急にお腹が大きくなったことも関係ありそうですが…。

Moonyホームページ

産後うつ(産後1ヶ月~)

  

「産後うつ」と「マタニティーブルー」の違い

「マタニティーブルー」は症状が産後1ヶ月程度で治るのに対し、

「産後うつ」は産後1ヶ月頃から症状がではじめます。

産後うつの原因

妊娠前に働いていた時と出産後の生活感のギャップの大きさ、自分がいない間に職場の仕事やポストを奪われる不安などです。

赤ちゃんとずっと一緒で1日誰とも話さなかったり、1人で外出することもできずストレスが溜まっていくことも原因の1つとされています。

ケア方法

協力してくれる人、頼れる人がそばにいることが1番のケア方法です。

パパにも子育てを協力してくれるように準備しておくといいですね!

まわりに相談できる人がいない場合は、地域の育児サポートサービスという手もあります。

赤ちゃんも子育ても個人差があります!「完璧」を求めすぎないようにゆる〜くやっていきましょう。気分転換やリラックスできる時間を作って子育てに余裕をもっていきましょう!

  

抜け毛(産後3ヶ月〜1年)

  

抜け毛の原因

産後のホルモンバランスが原因とされています。

産後3ヶ月頃から急に抜けはじめます。

抜け毛が多い場所は前髪の生え際です。ひどい時はハゲて見えるようになるほど…..

しかし、ご安心を抜け毛は一時的なものです。

ケア方法

ホルモンバランスが原因なので、しっかりと食事・睡眠をとるようにしましょう。

子育てで忙しい時は、自分の食事なんて後回しにしがちです。ちょこちょこ食べでもいいのでしっかりと栄養をとるように心がけましょう。

  

産後数ヶ月の時、抜け毛がひどかったです。シャンプーをするとびっくりするくらい髪が抜けました。しばらく抜け毛が続いたけれど、そのうち、抜けた分がどんどん新しく生えてきてびっくりしました。産後体型を戻すために、母乳育児を頑張りました。母乳をあげ続けていると、自然にやせていきました。

Moonyホームページ

過食(授乳期)

  

過食の原因

母乳をあげていると異常なほどにお腹がすきます。

また、子育てのストレスで過食をしてしまったり、1ヶ月健診後(産褥期後)もあまり体を動かさずにいると、運動不足になり体重が増えてしまいます。

甘いものやコッテリしたものを食べすぎると乳腺炎になったり、赤ちゃんにもそのまま栄養がいくので肌荒れ(ニキビみたいなものができる)などにつながることもあります。

ケア方法

食べずに我慢すると逆にストレスになるので、まずは食べるものから変えていきましょう!

スナック菓子類→ナッツ類や小魚が入ったお菓子

ミルクアイスクリーム→氷菓アイス(例:ガリガリ君)

それから食べるペースを落としていきましょう。

  

産後〜1歳半くらいまでは、どんなに食べてもお腹が空いて、でも母乳でエネルギーを消費していたので全然太らず、むしろ痩せる一方でした。ただ、子どもの食事量が増えて授乳回数が減っても、それまでと同じような食生活だったので、あっという間に太りました。今は野菜メインの食事とヨガで体型を戻しています。

Moonyホームページ

体質が変わる(産後)

  

体質が変わる原因

出産がデトックス効果となり体質が変わるとも言われています。何が原因かわさだかではありません。

寒がりだったのに、出産後あつがりになったり….

出産後、毛が濃ゆくなったり….

アトピー肌気質だったのに、治ったり・逆にひどくなったり…

出産してから、体質が変わった!なんて話よく聞きます。

わたしは上記の症状全て体験しました。笑

体重はほぼ戻ったのですが、やはり見た目は産前とは大違い。お腹も皮がヨボヨボのままです。涙。息子ももうすぐ1歳なので、そろそろ本気を出して絞ろうと思います!まずは腹筋、柔軟から!二人目の妊娠に向けて体力作りも兼ねて運動します!産後の体は悪いことばかりではなく、良いこともあって、私は冷え性が治りました!何故かは分かりませんが、息子のおかげかなと思っています!

Moonyホームページ

  

体毛が濃ゆくなったり、体臭もひどくなりました。体毛は妊娠中に濃区なり、戻っていないのが現状です。体臭は、食生活が悪くなってしまったことも原因なのか、一層ひどくなっています。今は、なるべく野菜中心の食生活をとるように心がけています。

Moonyホームページ

髪質が変わる(産後)

  

髪質が変わる原因

髪の毛の栄養が授乳で吸い取られているかのように、髪の毛がパサパサになります。

ケア方法

食事・睡眠をしっかりとること、そして髪にも栄養を与えるようにしましょう。

トリートメントなどおこなうといいですね!

  

体重は母乳のせいかすぐ戻りました。ただ、髪のパサパサと肌あれがひどく、ケアをしてもなかなか改善されません。

Moonyホームページ

シミが増える(妊娠中〜産後)

  

シミが増える原因

妊娠中にたくさん蓄積されたシミが、産後になってあらわれます。

妊娠中でもシミが出てくる時もあります。

わたしも妊娠中シミ増加を経験しており、唇まわりにシミができた時は相当へこみました….。

ケア方法・予防

妊娠中でもしっかりUVケアを行いましょう!

  

胸が下がる・垂れる・小さくなる(授乳期間終了~)

  

胸が下がる・垂れる・小さくなる原因

妊娠中・産後は胸がパンっとはっていますが、授乳をくりかえすうちに徐々に下がったり・垂れたり・小さくなってきて授乳期間が終わる頃にはあられもない姿になっています。

ケア方法・予防

授乳期間中でもしっかり胸をサポートしているブラ着用をおすすめします。

✅下記、参考記事です。

【授乳中におすすめのナイトブラ】すばやく授乳できるフロントホック・ナイトブラまとめ

卒乳後・授乳後に小さくしぼんだ胸を戻したい!垂れ下がる原因と解決策をご紹介

  

貧乳がさらに貧乳へ。大きさは取り戻せなくとも、ハリときめ細やか差で勝負!と、入浴後の保湿を欠かさないようにしています。

Moonyホームページ

まとめ

  

いかがでしたか?

出産したらこんなにも体の変化が起きるのです!

そのためにも産後のケアを心がけ、赤ちゃんとの生活を有意義なものにしていきましょう。

赤ちゃんも大事ですが、ママ自身の体も大事です。

ママがしっかり体と心を休めて、余裕の心で育児をしていきましょうね!

スポンサーリンク