カメラバック・ピークデザイン エブリデイバック30Lの良い点、悪い点

カメラ

こんにちは、しょーです!

この記事は

「ピークデザインeveryday backpack30Lが気になるんだけど、使ってる人の声を聞いてみたいな。買ってみて分かったことを教えてくれ!」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・使ってみて感じたメリット、デメリット
・背負ったときの見た目(割と大きい)
・バックの構造・どのくらい入るのか試してみた

上記をお話しします。

ボクはカメラマンをしてます。

今、ピークデザインeveryday backpack30Lで通勤し、撮影に行ってます。

という訳で、実際に使ってみた感想をぶっちゃけます。

メリット

では、さっそくメリットから。次のとおり。

メリット3つ

①型崩れしない・機材の保護がしっかりしてる

②容量が大きい・パソコンが入る

③かっこいいデザイン

型崩れしない・機材の保護がしっかりしてる

重い物を入れても、バックの型が崩れません。

頑丈でしっかり機材を守ってくれます。

・ボディ重量トップクラスの、eos1Dx MarkⅡ
・200mmの望遠レンズ

上記を詰めても、バックがグニャグニャになることはありません。

「カメラ機材は高額だし、ある程度の衝撃は防いで欲しい」って方にはオススメです。

容量が大きい・パソコンが入る

容量が大きいです。ボディにレンズをつけたまま収納でき、MacBook Pro16インチも入ります。

「詰め込んだら、どのくらい入るのか?」は後述します。

かっこいいデザイン

シンプルでオシャレです。「使いたい」と思わせてくれます。

ボクは物を選ぶとき「使ってテンションが上がるかどうか」を考えます。

理由は、やる気につながるから。

持ち物がダサかったりポンコツだったら「使いたくない」ですよね。

機材をバックに入れつつ、「どこに行こうかな」とワクワクした気持ちになれるバックです。

デメリット

次に、デメリットです。

デメリット2つ

①デカい

②詰めすぎると中々の重さになる

デカい

このバック、ちょっとデカいです笑

ボクは徒歩通勤なので問題ないですが、電車やバスで移動する人は、デカくて邪魔に感じるかもです。

背負ったときの見た目

ボクと嫁さんで、背負った姿を撮りました。

身長158センチだと、このくらい。
身長180センチだと、このくらい。

ちょっとデカいなって感じる人は、小さめの20Lを検討すると良いです。

最後に、どのくらい入るのかを試して終わりにします。

バックの構造・どのくらい入るのか試してみた

では、「ピークデザインeveryday backpack30Lにどのくらい入るのか?」をやっていきます。

バックの構造

まずは、バックの構造をざっと紹介します。

このバックは、「カメラを入れる部分」と、「パソコンを入れる部分」があります。

カメラを入れる部分

カメラを入れる所は、3ヶ所が開きます。

1ヶ所目:バックの1番上

2、3ヶ所目:バックの両サイド

パソコンを入れる部分

背中の所に収納があります。ここがパソコンを入れる所です。
パソコンだけじゃなく、小物を入れるポケットも多数あります。

どのくらい入るのかやってみる

今回は、次の機材を入れていきます。

・レンズ(70-200mm)
・レンズを付けたボディ
・MacBook Pro16インチ
・その他
まずは、こちらから!

1番上に、レンズを付けたまま収納できます。

サイドを開き、レンズを収納。もう1本レンズが入ります。

仕切りはマジックテープ式になっており、自由にカスタムできます。

次にMacBook16インチ

ちゃんとファスナーも閉まりますよ!

飲み物、小さめの三脚などは、外ポケットに入ります。

付属のびょいーんに、交通系のカードを紐付けてます。

外ポケットに入れておき、使うときにピッと取り出す。

という感じで、機能性も高いです。

という訳で、参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク