スポーツ写真のプロがバスケットの撮り方を徹底解説

写真
当サイトはプロモーションが含まれています

こんにちは、しょーです。

この記事は

「バスケットの写真を撮りたい。ポイントを教えてください」

こんな疑問にお答えします。

ボクはBリーグや高校バスケなどを撮影してるスポーツ写真のプロです。

今回は、ボクの経験を元にバスケットの撮り方を解説していきます。

なお、本記事の内容はYouTubeでも解説してます。

バスケ撮影に使うレンズ

レンズは、撮影位置で変わります。

  • コート近辺:70ー200
  • それ以外:100ー400

コート近辺から撮るなら、200㍉くらいあると良いです。

コート近辺をBリーグの座席で例えるなら、1階席の1番前から3列目くらいまで。

ボクはリング下から70ー200㍉を使ってます。このレンズで、ざっくりゴール下からハーフラインまでがほど良い撮影範囲です。

「オールコートをカバーできる方がいいんじゃない?」

と思うかもです。

しかし色んな選手のオフェンスを撮りたいなら、ハーフコートがカバーできればOK

もし推しの選手だけを撮りたい人は、コート周辺でも300とか400あって良いかもです。離れた所でもバッチリ撮れますからね。

1階席の後ろの方とか2階席は、300〜400 ㍉がオススメ。

ボク2階席から200㍉で撮ったことがあり、遠すぎましたので。

レンズのF値に少し注意

実は体育館やアリーナって暗いんですよ。

なので、F値が小さいレンズの方が有利です。なぜなら、明るいから

おさらいですが、写真を明るくする方法は次の3つ。

  • F値を下げる
  • ISO感度を上げる
  • シャッタースピードを下げる

このうち、シャッタースピードは下げることができません。ブレますからね。

なので、F値を限界まで下げても暗い場合は、ISO感度を上げまくるしかありません。つまり次のようになります。

  • F値が小さいレンズ(F2,8など):ISO感度を下げれる
  • F値が大きいレンズ(F4,5など):ISO感度が上がる

こういった点も、レンズ選びの参考にしてみてください。

カメラ設定

次にカメラ設定です。

フォーカスモードはAIサーボ

まずフォーカスはAIサーボでOK

ちなみにボクは、被写体検出は使ってないです。というのもピントが、撮りたい人に合わなかったりするから。

被写体検出はバスケみたいに人が入り混じる中、特定の人にピントを合わせるのに不向きです。

だから撮りたい人を自分で追いかけた方が撮れ高が良いと思います。

撮影モード

撮影モードのオススメは2つ。

  • 1:シャッタースピード優先を使う
  • 2:マニュアルを使う

シャッタースピード優先

カメラ初心者の人は、シャッタースピード優先がオススメ。数値は次のとおり。

  • シャッタースピード・1/800〜1/1000
  • ISO感度:8000〜10000

F値は自動で決まるので気にしなくてOK(ほぼ1番小さい数値になるはず)。

もし写真が暗いなら、ISO感度2万とか3万まで上げてください。

マニュアルを使う場合

カメラにある程度慣れてる人は、マニュアルがオススメです。

というのも、選手が黒潰れしないから。

プロバスケットの会場って、電光掲示板など「明るい物」があちこちに点在してますよね。

シャッター優先は、明るい物が背景に入ると、選手の露出がアンダーになることがあるんですね。

理由は、写る要素全てで明るさを調節するからです。

「なんか明るいから暗くしちゃえ!」つって、F2,8でちょうど良いのにF5,6とかF7,1とかまでぐーんと上がるんですね。結果暗くなる。

マニュアルだったらカメラの数値は変わりません。

そして体育館は降り注ぐ光の量も一定です。

ですので、一度選手が綺麗に撮れるように露出を合わせておけば、ずっと綺麗に撮れるんですね。

こんな感じで、マニュアルだと、黒潰れを防げます。

  • シャッタースピード1/1000
  • F値は1番小さくしておく(解放F値)
  • ISO感度で明るさを調節

マニュアルだと、上記の設定でOK。

ちょうど良い明るさになるまでISO感度を上げてください。ひとまず8000とか1万くらいで撮ってみて調整するといいです。

フリッカーレス撮影をオンにする

写真の明るさにバラつきがあったら、フリッカーレス撮影をオンにしてください。

体育館は、写真の上半分は綺麗で下半分が暗いみたいなことが起こるんですね。

理由は、照明が点滅してるからです。

照明ってずっと点いてるように見えるんですけど、実は点滅してるんですね。

だから、明るさにムラが出たります。

これは、フリッカーレス撮影をオンにすると防げます。 

明るさにバラツキがあるときは、フリッカーレス撮影をオンにしてみてください。

撮影位置

最後に撮影位置について。

Bリーグなど座席が選べる場合、写真を撮りやすい席はどこなのかをお話しします。

ボクのオススメは、ゴールの裏側ですね。

やっぱりドリブルやシュートを撮りやすいのは、ゴール裏です。

400㍉があれば、ゴール裏側の2階席からでもシュートシーンなんかバンバン撮れると思います。

いろんな選手のオフェンスシーンを撮りたい人は、ゴール裏をオススメします。

ただ、攻める方向が前後半で変わるので、片方しかガッツリ撮れないってデメリットはあります。

なので、応援してるチームのベンチが近い方のゴール裏が良いかなと思います。

良いプレーが出たら、ベンチにいる選手たちも盛り上がったりするじゃないですか。

だから例えば前半、プレー写真を撮ったら、後半はベンチにいる選手たちの盛り上がってる所の良い表情を狙ってみるとかもアリかもしれないですね。

ハーフライン周辺からだと、シュートシーンは、ほぼ背中しか撮れないと思いますけど、ガードがボールを運ぶ所なんかはカッコよく撮れるはずです。

とはいえ、やっぱりドリブルもシュートも撮りやすいゴール裏側がオススメですね。

もしくはゴールに近い両サイドの席ですね。

もし1階席のゴール下あたりから写真を撮るなら、レイアップやダンクをタテ写真で狙ってみてください。

というのも、ヨコで撮ると見切れやすいからです。

選手との距離が近い場所は、タテの方がシュートシーンを撮りやすいと思います。

という訳で、今回は以上になります。

参考になったら、チャンネル登録、グッドボタンお願いします。

それでは、次の動画でお会いしましょう!