Premiere Proピッチシフターの使い方!音程を固定してBGMの速度を変える方法

動画編集

こんにちは、しょーです。

この記事は

「動画を早送りしたら、音程が上がるんだけど…」

「音程を保ちつつ、早送りできないのかな?」

という悩みを解決します。

プレミアプロは、「ピッチシフター」という機能を使い、音程をそのままにしつつ速度の調整ができます。

ざっくり言うと、音にエフェクトをかけるイメージ。

「声が入った動画の速度変更」には必須かと思うので、やり方を共有します。

さっそく見て行きましょう!

動画の速度を変更

まず最初に、動画の速度を変更しておきます。

動画のクリップを右クリック→速度・デュレーションをクリック。

手順①右クリック→速度・デュレーションをクリック 手順②速度を変える

初期だと速度は100となってるはず。

動画の速度を変えよう!

100より小さい数字を入れると、速度が遅くなる

100より大きい数字を入れると、速度が速くなる

人の声が入ってる動画だと、プラマイ20くらいですね。

速度を遅くするなら100%~80%くらいまで。

速度を速くするなら100%~120%くらいかと思います。お好みで調整してみてください。

ここで入力した数値をあとで使います。覚えておいてくださいね。

オーディオトラックミキサーを表示

速度を変更したら、ウィンドウ→オーディオトラックミキサーをクリック。

「オーディオトラックミキサー」「オーディオクリップミキサー」という双子なみに似たものがあるので、間違えないようにしてくださいね笑

「オーディオトラックミキサー」を使います。

そして、エフェクトコントロールパネルがある所を確認してみてください。

ピッチシフターを適用

オーディオトラックミキサーを開いたら、ピッチシフターを適用しましょう。オーディオトラックミキサーパネルの左にある「>」をクリック。

「>」←このマークをクリック!

「>」をクリックすると、いろいろ出てきます!

 

ピッチシフターをクリック

ピッチシフターがスロットに追加されます。

ピッチシフタが適用されました

ピッチシフターをダブルクリック→先ほど速度に入れた数値を入力します。

セント・セミトーンに数値を入れます。

数値を入れて音程の維持が完了です。

ピッチシフターに入れる数値

ピッチシフターに入れる数値は、計算しないといけません。

「うわ!計算とかマジ無理おわった…」

と思うかもしれませんが、簡単です。Googleの検索窓に式を入れると答えがでます。

検索窓に入れる式は、下記のとおり。コピペして使ってください。

log2 倍率^12

検索窓に入れる計算式です

 

<strong>使い方の例</strong>

例:速度を120%にしたとき→上記式の倍率の所に1.2と入れます。

なので速度を120%にした場合は「log2 1.2^12」とGoogle検索します。

 

速度120%の式をグーグル検索した結果です

出てきた数字を、ピッチシフターに入力します。

整数をセミトーンに入力。少数をセントに入力します

 

<strong>数字の書き方</strong>

整数をセミトーンに入力

少数(少数第3位を四捨五入)をセントに入力

※どちらも「ー」をつけて入力です!

今回の検索結果の場合、セミトーン→「ー3」・セントに→「ー1.6」と入れます。

※セントが少数入力できなくなりました。バグかアップデートの影響かわかりませんが、今回は-2としておきますm(_ _)m

数値をいれたらピッチシフターを閉じます。これにて音程の維持が反映されます。

音程の調整が完了です!

最後に注意点

音程を維持したいオーディオクリップに、ピッチシフターを適用してください。

要するに、A1の音程を維持したいなら、A1にピッチシフターを適用します。

オーディオクリップの階層を確認してください!

というわけで今回は以上です!

動画編集でBGMの長さを自動調整する【アドビオーディションの使い方】

スポンサーリンク