アフターエフェクトで秒数を変更する方法【2通り】

動画編集

こんにちは、動画編集者のしょーです。

この記事では

「アフターエフェクトの秒数って、どうやって変えるんだ?」

「作業の途中からでも、秒数を変える方法を教えて欲しい!」

こんな疑問にお答えします!

秒数を変更する方法は、2通りありますよ〜。

さっそく見ていきましょう!

コンポジション設定から変更

1つ目の方法です。

コンポジション名の横にある3本線をクリック。

赤丸の3本線をクリックします!

 

コンポジション設定をクリック。

 

「デュレーション」を好きな秒数に変更して完了です。

秒数を入力して、変更完了です!

デュレーション入力をラクにする方法

ちなみに、デュレーションの入力をラクにする方法があります。

デュレーションに100と入力すれば1秒となります。

要するに、5秒、10秒、20秒のコンポジションを作るときは

500と入力 →5秒

1000と入力→10秒

2000と入力→20秒

という感じになります。

12秒にしたいときは、1200と入力すれば12秒になってくれます。

けっこう便利な方法ですよ。

ワークエリアから変更

秒数を減らすときは、この方法が速いです。

アフターエフェクトの画面に、小さな青いバーがあります。

赤枠で囲んだ「青いバー」です。

 

右クリックしたまま、縮めたい秒数まで運びます。下記の画像のとおり。

 

青いバーの左側で右クリック→「コンポジションをワークエリアにトリム」をクリックします。

これで、秒数を減らすことができます。

ちょっと尺が余って減らしたいときに、サクッと変更できますよ。

 

ちなみに、青いバーを、シフト押しながら動かすと、レイヤーの最後に吸着してくれます。

青いバーをシフト押しつつ動かすと、レイヤーの切れ目に吸着します。

というわけで今回は以上です!

スポンサーリンク