アフターエフェクトで背景を透過して書き出す方法【動画と画像で設定が違う】

動画編集

こんにちは、動画編集者のしょーです。

この記事は
「アフターエフェクトで背景を透明にして書き出したい。設定はどうすれば良いですか?画像で背景を透明にして書き出す方法も知っておきたい。」

こんな疑問にお答えします。

アフターエフェクトで背景を透明にする場合、動画で書き出すか、画像で書き出すかによって、少し設定が変わります。

さっそく見ていきましょう!

動画を背景透過で書き出す

まずは、動画を背景透明にして書き出す方法です。

ファイル→レンダーキューに追加

画面1番上のファイル→書き出し→レンダーキューに追加をクリック。

「レンダキューに追加」をクリック!

すると、レンダーキューってのが開きます。

チャンネルをRGB+アルファに

レンダーキューが開いたら、出力モジュールの右側にある青い文字をクリック。

赤枠の所の「青い文字」をクリック!

 

青文字をクリックしたら、チャンネルの項目を「RGB+アルファ」に変更します。

「RGB+アルファ」をクリック!

カラーを「ストレート(マットなし)」に

カラーの項目で「ストレートマットなし」をクリック。

カラーの項目をストレート(マットなし)にする

ファイルの保存先の設定

ファイルの保存先は、出力先の右側にある青文字をクリックすると設定できます。

赤枠の所の「青文字」をクリック!すると保存先を設定できます。

レンダリングをクリックして完了

レンダリングをクリックすると、背景透過で書き出せます。

レンダリングをクリック!

画像を背景透過して書き出したいとき

Aeは、画像でも書き出すことが可能です。

ここからは、アフターエフェクトで画像を背景透過にして書き出すときの設定です。

ファイル→レンダーキューに追加

ここは、動画のときと同じ手順です。

画面1番上のファイル→書き出し→レンダーキューに追加をクリック。

ここは動画のときと同じ手順

なお、「コマンド+オプション+S」のショートカットキーでもレンダーキューに追加できます。

形式をPNGシーケンスに、チャンネルをRGB+アルファに

ここも動画のときと同じ。レンダーキューが開いたら、出力モジュールの右側にある青い文字をクリック。

赤枠の所の「青い文字」をクリック!

 

形式とチャンネルを変更します。

 

形式→PNGシーケンス

チャンネル→RGB+アルファ

 

赤枠の所を確認してください

ファイルの保存先の設定

ここも動画と同じです。

出力先の右側にある青文字をクリック。

赤枠の所の「青文字」をクリック!すると保存先を設定できます。

レンダリングをクリックして完了

レンダリングをクリックし、画像も背景透過で書き出せます。

レンダリングをクリック!

以上、アフターエフェクトで動画、画像を背景透明にして書き出す方法でした。

というわけで今回は以上です!

スポンサーリンク