キュリオロック導入して分かったメリット・デメリット

商品レビュー

こんにちは、しょーです!

この記事は

「キュリオロックに興味あるな~、使ってる人の声を聞いてみたい。買った方がいい人、買わない方がいい人とかってありますか?」

こんな疑問にお答えします。

先日キュリオロックを買いまして、1週間ほどが経ちました。

鍵を取り出す、鍵を回す、鍵を直すが無くなりわりと快適です。ですがデメリットもあるので、本記事を参考にしつつ購入を検討してみてください!

さっそくいきましょう!

キュリオロックのデメリット

まずは使いつつ感じたデメリットから

玄関のタイプによっては設置できない

キュリオロックは、玄関の種類により設置できないものがあります。

◎設置できるタイプ

つまみをクルッと回して、鍵の開け閉めをする玄関

最近の家だと、つまみを回すタイプが主流で問題ないはず。

こんな感じの玄関ならオッケー

✖️設置できないタイプ

つまみを上下に動かして、鍵の開け閉めをする玄関

このタイプの玄関だと設置できない

つまみを上下に動かすタイプだと、設置できないので注意です。

維持費がかかる

キュリオロックは電池式で、電池は2個あれば動きます。

最大4つまで取り付けができ、4つセットしておけば電池切れすることがない仕組みになってます。

電池持ちの目安

電池持ちの目安は、2個で半年です。

4個セットすれば1年ほど使えます。

半年〜1年に1回、電池交換で維持費がかかります。

ちなみに、購入時は電池が2個入ってます。

オートロックの弱点

キュリオロックはオートロックです。玄関を閉じると、自動で鍵がかかります。便利ですが、ヘタすると家に入れなくなるという諸刃の剣です。

スマホも鍵も持たずに家を出てしまうと、鍵を開ける手段がなくなります。

うっかりゴミだけ持ってゴミ捨てに行ったら、アウトです。

スマホか鍵を持って外出しましょう

必ずスマホか鍵のどちらかは持って、外出しましょう!

とはいえ、スマホの電源が切れることも起こり得るので、鍵を常備しておくのが無難かなと。

初めて自動で鍵が開いたときは感動する

ここからは、キュリオロックを使って良かった点の話です。

玄関に近づくと自動でロック解除

キュリオロックは、「玄関へ近づくと鍵が自動で開く」という設定ができます。

もちろん、家にいるとき玄関へ近づいても解錠することはないです。

外出して帰るとき、玄関の3歩前くらいで「ウィーン」という音と共にロック解除されます。

初めてこの体験をしたとき、「もう鍵を抜き差しする生活には戻りたくない」と思うかもです。

ボクは「最高だな」と感じました。

両手に荷物があろうと、鍵が開く。快適ですよ。

家族も使える

キュリオロックは、20個まで合鍵を作れます。

要するに、自分以外のスマホとかでも鍵を開けることが可能。

鍵を閉める生活、さようなら

もう家を出てから、「あれ?鍵しめたっけ?」と不安になることはありません。

玄関前で、「あれ?鍵どこいったっけ?」と、もたつくこともありません。嬉しい\(^o^)/

というわけで参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク