動画編集でBGMの長さを自動調整する【アドビオーディションの使い方】

動画編集

こんにちは、しょーです。

この記事は
「BGMの長さって動画に合わせることできないの?」

上記の悩みを解決します!

実は、BGM、動画の長さに合わせることが可能です!

「アドビオーディション」というアプリを使えば、BGMを指定した秒数に不自然なく変えることができます。

ばっちり指定した秒数に決まるわけでは無いですが、BGMを自然に伸び縮みさせるのは魅力的ですよね。

普段からプレミアプロやアフターエフェクトを使っていれば、操作も難しくないはず。

それでは、やり方を解説します!


アドビオーディションを起動〜使い方

アドビオーディションを起動します!「Au」ってロゴがアドビオーディションです。

起動するとこんな画面になる。

アドビオーディションを起動したときに出る画面

 

ファイル→新規→マルチトラックセッションをクリック。

画面上のファイル→新規→マルチトラックセッションを選びます。

すると新規マルチトラックセッションと出てきます。プレミアプロで言うところの、プロジェクトファイルみたいなイメージですね。

 

ひとまずイジるのは、セッション名(ファイル名)フォルダの場所でオッケーです。

セッション名とフォルダの場所を任意で変更します。

 

音楽をドラッグして、読み込みます。

トラック1にBGMをドラッグ

 

プロパティをクリック

プロパティパネルを出します。

 

リミックス→リミックスを有効化をクリック。

リミックスを有効化をクリックして、ちょっと待ちます。

 

お好きな秒数を入力します。

秒数を入力。入力した秒数に完璧に合わせてくれるわけではない。

これにて、BGMの長さをある程度は違和感なく変更できます。

 

あとは書き出して完了です。

ファイル→書き出し→書き出し方法を選びます。

書き出し方は2種類あります。

書き出し方:2種類

プレミアプロへ書き出し

メディアエンコーダーへ書き出し

プレミアプロへ書き出し

書き出したら、即プレミアプロへ読み込まれます。プレミアプロも起動しておく必要があります。

連携がスムーズ過ぎて脱帽です。

メディアエンコーダーに書き出し

通常の書き出しです。指定したフォルダに書き出されます。

結構、便利な機能

入力した秒数にピッタリ合わないこともありますが、それでも十分に便利な機能です。

アドビオーディションを活用し、素敵なBGMライフを送ってくださいね!

Premiere Proピッチシフターの使い方!音程を固定してBGMの速度を変える方法

ほんじゃ、以上です!

スポンサーリンク