プレミアプロでサムネイルを作る方法【簡単4ステップ】

People watching video live streamings
動画編集

こんにちは、しょーです。

この記事は

「プレミアプロでサムネイルを作りたいんだけど、、どうすれば良いんですか?やり方と、コツとかあれば教えて欲しい!」

という方向け。

◎本記事の内容
・動画から画像を書き出す方法
・画像に文字や図形を入れる方法
・サムネ作りで失敗しないための知識

ボクは、動画編集歴3年。

本記事では、Adobe Premiere Proでサムネイルを作る方法を解説します。
サムネイルを作る手順は、下記です。

  1. 画像の準備
  2. サムネサイズのシーケンスを作る
  3. 文字や図形を挿入
  4. 画像として保存

さっそく見ていきましょう!

画像の準備

まずは、画像の準備です。
画像を準備する方法は2つあります。

方法1 持ってる画像を使う

方法2 動画から画像として書き出す

方法1 持ってる画像を使う

プレミアに画像を読み込みます。ショートカットキーだけ紹介。

素材を読み込むショートカットキー
Macの方は(コマンド+I) Windowsの方は(コントロール+I)

上記でプレミアに画像を読み込むことができます。

方法2 動画から画像として書き出す

プレミアプロは、動画から画像を書き出すことができます。
手順は下記のとおり。

①動画をシーケンスに配置します。

②画像にしたいシーンへ、再生バーをもってきます。

画像にしたいシーンへ、再生バーを合わせる

③カメラアイコンをクリックします。※カメラアイコンがないときは、+マークをクリック→カメラマークをドラッグ

カメラアイコンがないときは、カメラマークをドラッグします。

カメラアイコンが出たら、次の手順に移ります。

④カメラアイコンをクリック→「フレームを書き出し」と表示されます。ファイル名、画像の形式、保存先を選びます。

画像の形式は、jpegやPNGにしましょう。理由は、サムネイルで使える形式だから。
OKをクリックすれば、画像の書き出しが完了です。

ファイル名、保存先、形式を設定したらOKをクリック

サムネサイズのシーケンスを作る

ここからは、画像にテキストとかも入れたい方向け。装飾をしていく手順を解説します。

まずはシーケンスを作る

1280×720ピクセルシーケンスを作ります
YouTubeのサムネイルサイズは、1280×720ピクセルですので。

YouTubeのサムネを作るときは、1280×720のシーケンスを作ります。 画面上のファイル→新規→シーケンスをクリック
画面上のファイル→新規→シーケンスをクリック
設定をクリックして フレームサイズを1280、720と入力します→オッケーをクリック
設定をクリック→フレームサイズを1280✖️720にします!

文字や図形を挿入

まず上記で作ったシーケンスに、画像を読み込みましょう。
ここから文字や図形などを挿入する手順です。

エッセンシャルグラフィックスの操作方法

文字・図形は、エッセンシャルグラフィックスで挿入します。

エッセンシャルグラフィックスが画面にないときは、ウィンドウ→エッセンシャルグラフィックスをクリックしてください。
ウィンドウ→エッセンシャルグラフィックスをクリック
エッセンシャルグラフィックスを開いたら→編集→新規レイヤーをクリック
編集→新規レイヤーをクリック

新規レイヤーをクリックすると、下記の4つから好きな物を選べます。

選べる4種類

・縦書きテキスト

・横書きテキスト

・長方形

・楕円

縦書き、横書き

テキストは、縦書きと横書きの2種から選べます。

縦書きテキスト(左)、横書きテキスト(右)

長方形、楕円

図形は、長方形と楕円の2種です。

長方形(上)と楕円(下)

図形の枠の作り方

境界線のみにチェックを入れると、枠になります。

境界線だけにチェックを入れると、枠になる!

線の作り方

線は、ペンツールで作ります。

ペンツールをクリック→2ヶ所クリックすると線が作れます

思ったように操作できないとき

「色の変更ができないぞ…」「イジリたい所が操作できないぞ!」
っときは、「イジりたい文字、図形を選択してるか」確認しましょう!

例えば、下記画像で長方形の色を変えたいとき。操作手順は次のとおり。
ピンク色のレイヤー(1番下)をクリック→シェイプ1をクリック→色を変える

作った図形は全て「シェイプ1…シェイプ2…」と名づけられます。これだとヤヤコシイですよね。という訳で対策があります。

「レイヤーを分ける」がオススメ

シェイプが増えると、「どれがどれだ?」ってなってきます。量が多いと尚更です。
そこで、「1つのレイヤーを、1つのシェイプorテキストだけにする」のがオススメです。

1つのレイヤーに、1つのシェイプ・文字だけ入れる方法

何もしてない状態(キーボードのescを押す)→シェイプを作ります。

エスケープ(キーボードの左上のesc)を押すと、何もクリックしてない状態になる!この状態でテキストやシェイプを追加します。

これにて、1つのレイヤーに1個だけの素材が入る状態になります。

ピンク色のレイヤー(1番下)に、1個の素材が入った状態

大きさ、位置の微調整はエフェクトコントロールが便利

エフェクトコントロールパネルで、位置やスケールの調整ができます。
数値で調整できるので「文字をあと1ミリ上にしたい…」ってときに便利です。

細かい調整は、数値を入力すると良いです!

装飾をしたら、画像で保存

装飾できたら、画像で書き出します。

さきほど画像を保存したときと、同じ手順。
カメラアイコンをクリック→画像として書き出せば完成です!

サムネ作りで失敗しないための知識

サムネイル作りで失敗を避けるには、デザインの基礎理解が必須です。
例えば、多くの人がサムネイル制作を「デザイナー」に依頼しますよね。
なぜなら、整列、配色、書体、全てがデザインの知識だから。

ボクはデザイナーではなく動画編集者ですが、初めて動画編集の仕事を貰えたのはデザインを学んでからでした。

デザインは本での学習がオススメ。下記の本が分かりやすかったです。

スポンサーリンク