プレミアプロ テロップの位置を一括で変更する方法【効率化できる】

動画編集

こんにちは、しょーです。動画編集歴は2年です。

この記事は

「1個1個テロップの位置を変更するの大変だな。まとめて変えること出来ないのかな?」

こんな疑問にお答えします!

今回、紹介するのはブリューでテロップを入れた時、かなり有効な方法です。エフェクトを使って、1発で位置変更していきます。

※「プレミアプロの文字起こし機能」で作ったテロップは、エフェクトが使えません。ですので、今回の方法が通用しませんm(_ _)m(アップデートに期待です)

それでは、さっそくみていきましょう!

トランスフォームをテロップにドラッグ

まずテロップに、エフェクトの「トランスフォーム」を適用します。
・エフェクトからトランスフォームを検索
・トランスフォームをテロップにドラッグ

エフェクトでトランスフォームを見つけ、テロップにドラッグ

テロップの位置を調整

ドラッグした「トランスフォームの位置」を使い、テロップの位置を調整します。
よくある間違いが「モーションの位置」、「ベクトルモーションの位置」を使ってしまうこと。

使うのはドラッグした「トランスフォームの位置」です。

ドラッグしたエフェクト「トランスフォーム」の位置をイジって、テロップの場所を調整

トランスフォームを保存して使いまわす

位置調整が終わったら、トランスフォームを保存します。
トランスフォームを右クリック→プリセットの保存をクリック
好みで名前をつけます。

トランスフォームを右クリック→プリセットの保存をクリック
適当に名前をつけて、OKをクリック

OKをクリックしたら、エフェクトのプリセットを開きます。

さっきプリセット保存したものを探します。

保存したやつを、他のテロップにドラッグして1発調整が完了です。

さっき名前をつけて保存したエフェクトを、全てのテロップにドラッグします。

この方法のデメリット

メリットは位置変更が爆速になることですが、デメリットもあります。

デメリットは3つ。

①文字の修正がしにくい

トランスフォームで位置変更をすると、文字の修正がしにくいです。
文字入力するところと、文字が表示されるところがズレます。
なので、位置調整するまえに、誤字がないか確認することをオススメします。

文字が表示されてる所と、文字を入力する所がズレる

②トランスフォームの位置しか使えなくなる

プレミアには、位置という項目がたくさんあります。
今回の方法を使ったあとに、モーションの位置とかを使うと、画面から消えることがあります。

適用したトランスフォーム(名前をつけて保存したやつ)の位置を使って動かしましょう。

③全て同じ位置にあるテロップであること

同じ位置にあるテロップ→まとめて同じ位置に移動○

バラバラな位置にあるテロップ→まとめて同じ位置へ移動✖️

要するに、散らばったテロップの調整はできません。ですので、ブリューみたいに全て同じ位置にあるテロップを動かすときに便利です。

以上、テロップを1発で動かす方法でした!

今回は以上です!

プレミアプロでテロップの色、フォントを一括で変更する方法

アフターエフェクトで案件を取るまでの完全ロードマップ

スポンサーリンク