案件を取るための動画編集ポートフォリオの作り方!

動画編集

こんにちは、しょーです。

動画編集歴は2年です。

この記事は

「よーし!チュートリアルもやったし、次は案件を取るためのポートフォリオ(サンプル動画)を作るぞ!でも、どう作ればいいんだ?」

という疑問に答えます!

この記事の内容で、本当に案件が取れるのか?

という点ですが、本記事の方法で嫁さんがポートフォリオを作り、動画編集の案件を獲得しました!

だから今回の内容は、嫁に教えたポートフォリオの作り方を共有って感じです\(^o^)/

実際に作った動画が、下記です。

どうやって1本目の動画を作っていいか分からない方は、この記事を読めば解決するはず。

さっそくポートフォリオを作って、案件取りに行きましょう!

参考動画を3本集める

マネしつつ、作りましょう。

理由は、案件が取れる動画をマネすれば、案件が取れるから。

プロの映像クリエイターも、動画を作る前に参考動画を集めます。

ですのでポートフォリオを作るときも、参考にする動画を3本ほど集めましょう。

集め方は簡単です。

YouTubeで「動画編集 ポートフォリオ」と検索してください。

すると、色々とポートフォリオが出てきます。

「うわぁ、自分にはこんな動画作れないよ…」と思うかもです。

そんな時は、テンプレの力を借りましょう。無料のテンプレでオススメなのが、プレミアコンポーザーです。

プレミアコンポーザーとは?って方はこちら

プレミアコンポーザー導入方法はこちら

クオリティが高いと思った動画、作ってみたいと思った動画を3つ(最低でも2つ)選んでください。

選んだ動画を参考にしつつ、ポートフォリオを作っていきましょう。

参考動画の構成(流れ)を書く

集めた参考動画の構成(流れ)を紙などに書き出します。

例えば、下記のように書いていきます。

参考動画を見たら...

オープニング→自己紹介→エンタメ系の編集→ビジネス系の編集→エンディング

という感じで、構成を書きます。

書き出した構成が、自分の動画の構成になります。

構成(流れ)は完全にマネしてオッケーです。

広告動画とかだと、「構成は全く同じ」ってのがたくさんありますので。

なお、自分が編集したいジャンルがあるなら、付け足しても良いと思います。

構成が決まったら、動画の内容を決める

構成が決まれば、「どんなオープニングを作るか?エンタメ系はどうするか?」などを考えます。

例えば動画の構成を、下記のように決めたとします。

自己紹介→エンタメ系→ビジネス系→Vlog系→エンディング

ここに、サンプル動画3本の各シーンを当てはめます。

サンプル1の自己紹介→サンプル2のエンタメ系→サンプル3のビジネス系→サンプル1のVlog系….

といった感じです。

「え?大丈夫ですか?」と思うかもですが、YouTube用のポートフォリオ動画には、統一感が必要ないです。

いろんなジャンルが混じってる時点で、統一感は出にくいです。

ですので、参考動画の各パートを組み合わせても、違和感って生まれにくい。

そして世の中の動画の大半は、マネしつつアレンジを加えたものばかりです。

特にコダワリが無ければ、サクッとポートフォリオを作って稼いだ方が良いと思います。

ここまでくると、動画の構成、動画の内容が、だいぶ出来てくるはずです。

とはいえ、注意点もあります。

注意点

使う色を3〜5色までにする

デザインとアニメーションの丸パクリNG

使う色は3〜5色くらいにしよう

できれば、1つの動画で使うのは3〜5色までにしておきましょう(トンマナっていわれる奴です)

先ほど「統一感は必要ない」と話しましたが、色は自分の好みで統一すると良いです。

「配色って言われても、よく分からん」って方は、下記の動画がオススメ。

なお、「とりあえずサクッと配色例を知りたい」って方は、下記の本が便利です。

カラーコードが書いてあり、「この色の組み合わせ良いな」と思ったら引用できます。

画面配置、動かし方の丸パクリはやめよう

画面配置と動かし方の両方を丸パクリするのは、やめましょう。

完全な盗作を作るのはNGです。

画面配置や動かし方については、サンプル動画を参考にしつつ、アレンジを加えてください。

画面配置を決める

デザイン(画面配置)を決めましょう!

まずは、動画の前に、静止画でイメージを固めるくらいが良いです。

理由は、作った動画を修正するのはマジで大変だから。

焼きそばを、お好み焼きに修正するのは無理ですよね。動画も同じで、出来上がったものを修正するのは修羅の道になったりします。

ですので繰り返しですが、動画にする前に静止画を完成させることをオススメします。

・テキストを置く場所、大きさ、色、

・使うフォント

・画像素材をどこに置くか

・動画素材のどこの部分を使うのか

上記などを決めてしまうと良いですね。

無料で使える素材サイトは、下記で紹介してます。

動画編集者は必見!ポートフォリオに使える【無料素材サイト】

編集する

画面配置が決まれば、ここから楽しい編集作業です。

キーフレームやエフェクトを使って動きをつけていきます。

BGMを動画の尺に合わせたい

動画が完成したら、BGMをつけると思います。

ですが、動画の長さに合ったBGMって、中々見つかりません。

そんなときは、「BGMの尺を自動で動画に合わせる方法」を活用しましょう。

動画編集でBGMの長さを自動調整する【アドビオーディションの使い方】

最後に

作ったポートフォリオは、YouTubeにアップしておきましょう!

理由は、見る側がサクッと確認できるから。

というわけで、案件を取りにいきましょう!

【動画編集者向け】営業文の書き方!メールが見られる時間帯を狙おう

アフターエフェクトで案件を取るまでの完全ロードマップ

スポンサーリンク