動画編集者が最低でも勉強すべきデザイン知識3つ

動画編集

こんにちは、しょーです。

この記事は

「動画編集者は、デザインも勉強した方が良いのかな?デザインといっても幅が広そうだし、どのあたりを学べば良いのかな?」

こんな疑問にお答えします。

 

・動画編集者がデザインを学ぶ理由

・最低限、必要なデザイン知識3つ

ボクは、動画編集歴3年目。
動画の質を左右するのは、デザインの知識です。

雰囲気で編集してる方は、デザインを知ることで、動画のクオリティが上がりますよ。

動画編集者がデザインを学ぶ理由

なぜデザインを学ぶべきか?答えは次の通りです。

  • 動画の内容が伝わりやすくなるから
  • センスに頼らず学べば上達できるから

内容が伝わりやすくなる

デザインを学ぶと、視覚情報(文字・画像)が見やすくなります。

例えば、飲食店で「見やすいメニュー表」と「見にくいメニュー表」がありますよね。
この違いが、デザインの知識量です。

デザインとは要するに、文字・画像を伝えやすくするための知識です。

こんな感じでデザインを知ることで、情報が伝わりやすくなります。

学べば上達できる

デザインにセンスは不要です。

理由は、学べば身に付くから。

超一流のデザイナーを目指すなら、センスも必要かもですが、、動画編集者として知っておくべきデザインスキルは、学ぶことで習得できます。

「じゃあ、具体的に何を学べば良いんですか?」と思うかもなので、次に進みます。

最低限、必要なデザイン知識3つ

動画編集で、最低限知っておくべき知識は次の3つ。

  • テキストの知識
  • 配色の知識
  • 整列・配置の知識

上記を学びましょう。グッとクオリティが上がるはず。

テキストの知識

1つ目がテキストの知識です。
なぜテキストの知識が必要かというと、動画編集は文字を扱うから。

あなたは、「なぜこのフォントを使ったの?」と聞かれて、答えられますか?

答えがNoなら、テキストを学ぶべきです。

例えば、新聞は明朝体です。理由は、「人はたくさんの文字を見るとき、明朝体が見やすいから」です。
こんな感じで、理由を持ってテキストを作ると動画が見やすくなりますよ。

このあたりは、下記の本が分かりやすかったです。

配色の知識

2つ目が、配色です。
配色とは要するに、2色以上の色を良い感じに組み合わせることです。

なお、基本ルールは次のとおり。

  • 近い色で選ぶ
  • 近い明るさで選ぶ
  • 使う色は3色くらいに抑える

ざっくりですが、上記が配色の基本ルールです。

配色で迷ったらアドビカラーが便利

なお、色選びでオススメなのがアドビカラーです。
トレンド、シーンに合った配色パターンが用意されてます。

あと、色の変更作業が爆速になる使い方もあります。
コンプリートプランの方は、無料で使えるのでぜひ使って欲しい機能です。

使い方は下記で解説してます。

プレミアプロで色の変更を爆速にする方法【アドビカラーで効率化】

整列・配置の知識

3つ目が整列・配置の知識です。
これは要するに、動画内を整理して見やすくしようって事です。

この整列・配置には法則があります。次のとおり。

  • 揃える
  • まとめる
  • 違いをつける
  • 繰り返す

上記を学ぶことで、見違えるほどキレイになるはず。

このあたりも、繰り返しですが下記の本が参考になりました。

という訳で、デザインを学びつつイケてる動画を作りましょう!

スポンサーリンク