動画編集が快適になるマウス【ロジクールG502】のメリット・デメリット

動画編集

こんにちは、しょーです!

この記事は

「動画編集に向いてるマウス知りたいな。あと、初めてマウス買うからセットアップとか必要な備品も教えて欲しい!」

こういった悩みを解決します!
この記事を書いてるボクは、動画編集歴3年目。

今回は、ボクが2年ほど使ってきた「ロジクールG502」のメリット・デメリットを紹介します。

デメリット

まずは、デメリットから。次の2つです。

・操作に慣れる必要がある
・見た目がイカつい
・ワイヤレスだと、充電が必要

操作に慣れる必要がある

ロジクールG502は、マウスにボタンが付いてます。このボタンにショートカットキーを仕込めます。

最初は、このショートカットキーを扱うのに戸惑うかもです。
理由は、どのボタンに何のショートカットキーを設定したか分からなくなるから。

とはいえ、1週間も使っていると覚えてきます。大きな問題じゃありません。

見た目がイカつい

可愛らしいマウスが欲しい方には、イマイチなデザインかもです。
ボクはカッコよくて気に入ってますが、見た目の好みもあるかと思い、一応デメリットとして書きました。

ワイヤレスだと充電が必要

ワイヤレスで使うなら、充電のためケーブルをつなげる必要があります。
電池が無くなってきたら、コードを繋いで充電しなくちゃいけません。コードを繋いだまま作業も可能。

抜き挿しがメンドウなら、ワイヤレス機能無しがオススメです。安いので。

とはいえ、デスク周りをスッキリさせたい方はワイヤレスを選んでも良いかもです。電池は1週間くらい持ちますよ(⌒▽⌒)

ロジクールG502のメリット

このマウス最大のメリットは、ショートカットキーをマウスに仕込める点です。最大で8つ設定できます

・動画の再生(スペース)

・1つ戻る(コマンド+Z)

・コピー(コマンド+C)

・ペースト(コマンド+V)

・削除(バックスペース)

ボクは、上記の設定をしています。

どのくらい作業が早くなる?

プレミアプロの作業だと、キーボードを使うのは文字入力くらいです。
テキストを入れるとき以外は、ほぼマウスを手放すことなく作業ができます。

パソコン作業でよく使うコピー、ペーストもワンポチで済みます。

繰り返しですが、プレミアプロの作業でキーボード使うのは、文字入力くらいです。良いですよね!

マウスのセットアップ方法

ボクは、ワイヤレス接続が出来るタイプを購入。まず、マウスをパソコンに接続します。

ワイヤレスで使うときは、こんな感じにセット

次に、ロジクールのアプリをダウンロードします。
Windows用とMac用、お使いのパソコンに合わせてダウンロードしてください。

>アプリをダウンロード”>>>アプリをダウンロード

アプリをダウンロードすると、接続してるマウスを自動で認知してくれます。
表示されたマウスをクリックします。

表示されたマウスをクリックをクリック

表示されたマウスをクリックすると3つの項目が選べます。

1 感度:マウスカーソルのスピードを設定する項目

2 割り当て:ショートカットキーを割り当てる項目

3 LIGHT SYNC:ライトの設定をする項目

感度

マウスカーソルの速度を変更できます。

割り当て

ショートカットキーの割り当てができます。このマウスの真骨頂です。
例:コマンドCを割り当てるなら、コマンドCをマウスボタンへドラッグ

左側にある操作一覧から、割り当てたい物をボタンへドラッグ!

LIGHT SYNC

マウスの光を設定するところだと思うのですが、イジってもよく違いがわかりませんでした笑

まぁ、マウスが何色に光ろうと問題なしです。

というわけでロジクールG502について語りました。
強力な相棒になってくれており、心強いです。

USB3.1の差し込み口がないパソコンだと、USBハブが必要です。

というわけで、今回は以上です!

スポンサーリンク