アフターエフェクト・アンカーポイントを自動で中央配置する設定と無料プラグイン

動画編集

こんにちは、しょーです。

 

この記事では

「毎回アンカーポイントを中心に持ってくるの面倒だな…。カドに動かすのは、さらに面倒だ…もう少しラクな方法ないですか?」

こういった悩みを解決します。

ボクはメディア企業で動画編集をしており、アフターエフェクト歴は1年ほど。

家族と過ごす時間を増やすため、動画編集を始めました。

さて、本記事では

・アンカーポイントを自動で中心に配置させる方法

・アンカーポイントをワンクリックで位置変更する方法

上記の2つを紹介します。

さっそく見ていきましょう!

アンカーポイントを自動で中心に配置させる方法

シェイプを作った瞬間に、アンカーポイントが中心にくるよう設定します。

設定方法は下記です。

「画面上のAfter Effectsをクリック」→「環境設定をクリック」→「一般設定をクリック」

画面上にあるAfter Effectsから、一般設定まで展開します

 

「アンカーポイントを新しいシェイプレイヤーの中央に配置」にチェックを入れる

「アンカーポイントを新しいシェイプレイヤーの中央に配置」にチェックを入れます

 

これで作ったシェイプのアンカーポイントは、全て真ん中に配置されます。

便利ですが、シェイプのアンカーポイントしか中心にこないです。

要するに、テキストとかだと、アンカーポイントはその辺に転がったままです。

次に、テキストやコンポジションのアンカーポイントをワンポチで移動させる方法を紹介します。

アンカーポイントをワンクリックで位置変更する方法

アンカーポイントを動かすときに、超便利な無料プラグインがあります。

もしかすると「うわ、プラグインとか分からん!」と思うかもですが、ボクにだって導入できました。ググってこの記事に辿り着いた方なら、楽勝です。

無料プラグイン:アンカーポイントムーバー

アンカーポイントを動かすときに便利なプラグイン。その名は「アンカーポイントムーバー」です。

導入方法

アンカーポイントムーバーは、単体でダウンロードすることができません。

「アニメーションコンポーザー」っていう無料プラグインパックをダウンロード→そのパックの中の1つが「アンカーポイントムーバー」です。

例えるなら、「アフターエフェクト」の中にある「エフェクトコントロール」みたいなもんです。

ボクはアニメーションコンポーザーの導入を、この記事を読んでクリアしました。

Animation Composer 3 インストール方法

アンカーポイントムーバーの使い方

導入できたら、「ウィンドウをクリック」→「アンカーポイントムーバーをクリック」

 

すると、アンカーポイントムーバーのパネルが出てきます。

アンカーポイントムーバーのパネル

 

アンカーポイントムーバーのパネルは、作業スペースに組み込むことが出来ます。毎回ウィンドウから表示するのが面倒なら、好きな位置に組み込んでおくと便利です。

ボクは、この辺に配置してます!

 

使用例:下の矢印をクリックすると、アンカーポイントが下に配置されます。

アンカーポイントを上に配置したいなら、上の矢印をクリックです。使ってるとすぐに慣れるはずです。

 

ちなみに、複数のレイヤーのアンカーポイントも、まとめて変更できます。

アンカーポイントを、まとめて同じ位置に配置できます!

 

という訳で、導入すれば役立つはずです。

それではまた!

スポンサーリンク